2017.12.28
ママ友という戦友と仕事をする

ラフスタイル新人の八木です。

現在、2歳の男の子を育児しながらデザインの仕事をしております。

育児をしながら仕事って、言葉にならないくらい大変なことの連続…

 

子どもを膝に乗せ、youtubeを流しながら新規のデザインしてるときなんか

もう気が変になりそうです。

 

でもね。一人じゃないと思うだけで、人は強くなれるもの。

ラフスタイルのクリエーションを支えるメンバーの多くは、子どもを抱えているお母さんらしいのです。

 

 

子育て世代の戦友と仕事をしているみたい!

ラフスタイルのメンバーは9割が女性、9割が子育て世代。

これ、誇張じゃなく本当なんです。

この少子化社会に逆行すべく、妊娠・出産ラッシュがまだまだ続いています。

 

平岡社長は息子と同級生の娘さんがいるので、私の中ではママ友です。
子どもを育てながら仕事をすることの大変さを経験済みなので、とにかく話が早いです。

 

「子どもが風邪ひいたー吐いた〜」
「出がけにオムツを開けたらウン●が鎮座していた」
「小児科に毎週のように時間を割かなくてはいけない…etc」

 

普通の企業相手にそんな言い訳は言いにくいですよね。

でも、ラフスタイルなら大丈夫。
「Oh大変だね、じゃ会社連れて来ちゃいなyo!」軽く受け入れてくれます。

 

私の場合、息子はほとんど会社に同行させていただいておりますが、いつもスタッフの皆さんの優しさと寛容さに本当に救われます。
授乳しながら打ち合わせする時も。平岡さん、いつもごめんなさい。

保育園に入れずに在宅で仕事して、打ち合わせに子どもを連れてくるお母さんもいます。すごい…!

 

そんなわけでラフスタイルで働いていると、ママ友という戦友と仕事をしている心持ちになります。

 

仕事に対する甘えはもちろん許されませんが

メンバーの皆さんと共に、子も仕事も育てていく、人生を歩んでいく。

そんなイメージです。

 

働きたいけど勇気が出ないブランクのある方、
ぜひ一歩前へ出てラフスタイルのドアを開けてみませんか?

 

PICK UP!